今日のモヤモヤ解決【手帳型ケースはバッテリーを劣化させるのか?】

よくあるモヤモヤする疑問

今回はよくお問い合わせ頂くことが、多いものであなたの中のモヤモヤを解決します!!

手帳型ケースは、バッテリーを劣化させるのか?
理論上します。が、それ以上に超えるメリットがあります。

理由として
これ、意外と多い質問なんですね。色々と情報が飛び交い、しかも本当のところがわからない…。
で、ズバリお答えします!!!

はい、結論として理論上させると思います。

熱がこもるとバッテリーの劣化につながる事から、そう言われてます。
が、実際はそんなにシビアになるほど、劣化につながる訳ではないんですよね。

他の原因の方が、比べ物にならないほど劣化に繋がります。それは、よく言われてる充電しながらゲームとか

あれの方が断然、劣化させる原因です。しかも、バッテリーが劣化するからと必要以上に思い込み、手帳型ケースを使用しないと決めた方々の末路は、だいたい落下事故で画面に蜘蛛の巣のようにひび割れ、修理代の方がかかってしまうと言う本末転倒な事にもなったり…。


そう、考えると…正解です。手帳型がスマホを守るのにはやはり最適です。なにせ全方位ガードですので防御力は半端ないです。
機能面でもカードを収納できるので、電車通勤とかはICカード入れておくと

改札はそのままピッ

 

動画再生もフタをスタンドにして閲覧できるし

程よくグリップが強くなって落下しにくいし、個性を出しやすくオシャレ。

理論上、バッテリー劣化をしてしまうと言うデメリットがあるように感じますが、実はメリットの方が多く

例えば

 

真夏にエアコン付けると電気代かかるし我慢しよ!

って事してると現代の夏は熱中症と言う物になり、病気院代がかかり下手したら死にます。リスク回避の為に、より重い次なるリスクを持つ事になるのです。
理論上、劣化はするが、それほどシビアになるほどの劣化ではないのに対し、保護するか?保護しないか?どちらのリスクを選びますか?

バッテリーを劣化させにくい方法はありますか?
はい、あります。
方法として

充電回数と寿命
0%から100%に充電し、さらに0%まで使い切った状態を1回とカウントするそうです。それを1回とすると、リチウムイオン電池の充電サイクルは300〜500回と言われています。ただ、毎日100%から0%まで使い切ること言うことはあまりないため、だいたい500回程度を目安にすると良いと思います。

充電のタイミング
0%になってから充電したほうがいいという情報も一時期流行りましたが、それは一昔前の話で現在はかなり品質も向上して、20〜80%で最も良いパフォーマンスが発揮されるそうです。満充電後は10%を下回ってから充電すれば十分間に合うのですが、バッテリーの劣化を考えると20〜80%でキープしておくのが一番良いみたいです。実は満充電100%になるとカウントが入る事と負荷がかかるため100%の前に充電を止めると良いとかも聞きますが、これは賛否両論ですね…。理論上はあるのかもしれませんが、毎回そのタイミングで充電を心がける気力と満充電でない場合、そもそも充電切れしないか?と言う不安などのストレスや労力とバッテリーの劣化具合を天秤にかけた場合、どちらが良いか?ってところですね。例えばスーパーでキャベツを買い物する時にAの店よりBの方が10円安いからBの店まで行く。だけどBの店は結構遠いの移動コストを考えると…。みたいな。そもそもどれくらい劣化して悪くなるのか調べてみましたが驚くような結果は見つかりませんでした。
充電器は純正品を使う
メーカーの純正品ではなく、安価で質が悪い社外品の充電器を使っていると、リチウムイオン電池が高温になるなどの悪影響で劣化します。これは間違いないです。純正品を使ったほうが確実に良いです。なお、長期保存時は50%を保つと良いそうです。そういえば機種の納品時で確かにそれくらい充電されてありますね。あれは動作確認もできるようですが、バッテリー劣化のためにもそうしてあるそうです。長期間使用しない場合、電源を切ると思いますが、その状態でも放電はされるそうです。過放電はリチウムイオン電池の寿命を縮める可能性があるため、長期間保存する際は50%前後でキープできるよう、心がけると良いです。

今日のまとめ

・手帳型スマホケースはシビアになるほどバッテリー劣化しない。

・充電は純正品を使うのが一番ベストで残20%を切る前に充電

 

オススメの手帳型スマホケース
革工房81windの手帳型スマホケース(モノグラム)

 ・本革製

・マグネットなし
・右利き左利きどちらも製作可
・アフター保障があり無料修理ができる

そんな至れり尽くせりの最強の手帳型スマホケース


PDF
おすすめの記事