【2021年最新版】本革のスマホケースを使って価値観が変わった理由

・本革のスマホケースを使って価値観が変わった理由

世の中には実にたくさんのスマホケースが出ておりその種類は様々で価格帯も様々です。そんな中でもスマホケースの選んで良かったと人気が上昇中の本革製のスマホケース。その魅力をご紹介いたします。

 

価値観が変わった

もう戻れない

 

合皮と違って使えば使うほど良い感じなってくる。合皮のスマホケースは薄いビニールみたいになっているので、耐久性がなく角の部分から破れていくのに対し本革製の場合は、充分な厚みがあり耐久性は抜群で数年使っても破れにくいです。

特にタンニン鞣しの革は、馬の鞍など馬具に使われるほど耐久性に信頼があります。また経年変化により色味も味わいが出てきてユーザーによって表情を変えていくところが革好きが一度使ったら離れられなくなる魅力の一つです。

1周りの友達に言われて気づいた…

私のスマホいつの間にかボロボロ…合皮のスマホケースだと最初は綺麗でとても気に入っていたけど、友達に言われて気づけば破れまくって何か汚ない…。そんな経験ないでしょうか?毎日使っている自分では少しずつボロくなってる事に気づかず、結果そのまま使っている事があります。

これが本革の場合、耐久性が良いのでまず破れることはそうそうありません。しかも使えば使うほど経年変化で艶が出てきて色も味わい深くなっていくので、使えば使うほど良い味が出て愛着も湧いてきます。多くの本革好きユーザーが一度使ったら離れられない理由が確かにここにあります。

2本革は一生モノ?

一度くらいは本革は一生モノと耳にしたことがあると思います。確かに丈夫で耐久性もよく一生モノのように感じますが、残念ながら実は使い方や手入れの仕方によっては劣化してダメになることもあります。例えば合皮と違って水濡れには弱く濡れてしまうと乾く際に油分が飛んでバリバリに硬くなりヒビ割れなどを起こしたり、染みや変色の原因になったりします。

しかし水濡れにも対処法があり適切に対応すればダメージを軽減して使用を続けることもできます。また本革は合皮のように薄いビニールのようなモノではないため、ちゃんと充分な厚みと繊維があるので再加工が可能で修理をし続けられることもあり、その修理を含み一生モノと言えるのです。

3水濡れしてしまったら

万が一、水濡れしてしまった場合はまずタオルなどで擦ってはいけません。擦ってしまうと摩擦で傷がついたり摩擦熱で変色したりしてシミの原因になります。ドライヤーなどで急激に乾かすのも厳禁です。対処法としてはまず濡れた部分を逆にもう一度濡らすのですが、その時にタオルなどを濡らし濡れた部分と濡れてない部分をぼかすようにポンポンと当てて湿らせていきます。境目がわからないくらに湿らせたら後は、部屋などの通気性があり直接日光の当たらないように日陰干しします。直接日光の当たる場所、窓の近くなどは避けるのがポイントです。変色の原因になります。日陰干しで乾いたら水気が乾く時に一緒に油分が飛んで乾燥して硬くなってることがありますのでオイルやクリームなどで油分を補充してあげて下さい。冬のお風呂上がりの肌とおんなじですね。お手入れをちゃんとすることでいつまでも革らしく甦ります。

4育てる革

革は生き物です呼吸をしています。ちゃんと大切に育てると応えるように表情になって現れてきます。ですが一方で過剰にお手入れと思いオイルやクリームを塗りすぎると油分が酸化して黒ずみがひどくなったり汚くなってしまったりコシがなくなりクタクタの革になってしまいます。そうならないためにポイントがあります。

5本革スマホケースのお手入れ方法は?

実はスマホケースの場合、毎日使うモノなので使っているうちに手の皮脂を吸っているので油分は充分保たれているのです。あまりオイルアップしてしまうと油分の過剰摂取で逆に酸化してクタクタになりやすいのです。ですので基本的にオイルアップの必要はございません。水濡れしてしまった時に乾燥後のオイルアップは必要な場合がありますが日々のお手入れとしては女性の場合、お化粧のせいでファンデーションが繊維の中に入りやすいので、そのせいで変色しているように見えてくることがありますが、これはほとんどの場合ファンデーションのせいですので軽くウェットティッシュなど拭いてあげると良いです。強く擦るのは厳禁。男性の場合は油分が多い傾向があるのでオイルアップの必要はなく乾いた布などで軽く拭いてあげるだけで艶が出てきます。

・まとめ

本革ゆえに手間がかかるようなところは確かにありますが、その分愛着も湧き育てて行く内に世界で一つの自分だけの唯一無二の相棒になります。多くのユーザーが本革を始めて手にして育てる内に、もう合皮に戻れない。価値観が変わっていく方が本当に多いです。

オススメの手帳型スマホケース
革工房81windの手帳型スマホケース(全面カリグラフィー)
・本革製
・マグネットなし
・右利き左利きが選べる
・カラー組み合わせ120通り以上
・カラーシミュレーターあり
・オーダー製で自分仕様
・アフター保障があり無料修理ができる
そんな至れり尽くせりの最強の手帳型スマホケース

初めてのオーダーでしたが

製作状況を常に見れるので安心できました!商品にも愛着がグッと湧いて気分が上がります!

リピートです。

3年位前からこのケースを使用してますが、機種変更したのでまた注文しました。このケースは3年位使ってても壊れないし、落とした時もスマホを守ってくれました(^^)

頼んで良かった!

こちらのケースは、本当に、作ってくださるのを待った甲斐がある、素晴らしいものでした。
しっかりした革の質感も素敵ですが、他で見たことのない素敵なデザイン。
革やステッチの色を決めさせていただけるのも、また、ネームを入れていただけることも、自分だけのものという愛着がわく要因だと思います。
私事ですが、先日母が亡くなり、私にとってスマホは、電話やネット機能のためというより、亡き母の写真や動画、留守番電話に録音された声の残る、大切なものになりました。そのスマホを守るケースとして、特別なケースはないかなと検索し、こちらのケースを見つけました。ケースの素敵さに加え、なぜこちらのお店をされることになったのかという経緯を知り、作ってくださる方の、お人柄が伝わってきて、作って頂くことに決めました。本当に、お願いして良かったです。
大切にさせていただきます。ありがとうございました。

PDF
おすすめの記事